人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学 : 嘘と説得、コミュニケーショントレーニング

著者

書誌事項

人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学 : 嘘と説得、コミュニケーショントレーニング

丹野宏昭, 児玉健著

新曜社, 2015.7

タイトル別名

人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学 : 嘘と説得コミュニケーショントレーニング

タイトル読み

ジンロウ ゲーム デ マナブ コミュニケーション ノ シンリガク : ウソ ト セットク、コミュニケーション トレーニング

大学図書館所蔵 件 / 154

注記

引用・参考文献: p147-151

内容説明・目次

内容説明

誰を信じるか、誰を疑うか。会話しながら駆け引きを行ったり、説得したり、嘘をついたり、誰かを信じたり、騙されたり—「究極の心理ゲーム」人狼ゲームを楽しみながら学校の活動で、企業の研修で活用できる、コミュニケーショントレーニング入門。巻末・人狼ゲーム記録用紙/コミュニケーション振り返りシート/まとめシート。

目次

  • 第1章 人狼ゲームとは(人狼ゲームの流れ;人狼ゲームの歴史と現在 ほか)
  • 第2章 人狼ゲームと嘘(嘘とは何か;「嘘」を学ぶことは重要 ほか)
  • 第3章 人狼ゲームと議論・説得(コミュニケーションと説得;態度変容に関する基礎 ほか)
  • 第4章 人狼ゲームを活用する(社会的スキルとは;人狼ゲームを用いたコミュニケーショントレーニング)
  • ディスカッション

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ