資本の世界史 : 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか

書誌事項

資本の世界史 : 資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか

ウルリケ・ヘルマン著 ; 猪股和夫訳

(atプラス叢書, 12)

太田出版, 2015.10

タイトル別名

Der Sieg des Kapitals : Wie der Reichtum in die Welt kam : die Geschichte von Wachstum, Geld und Krisen

タイトル読み

シホン ノ セカイシ : シホン シュギ ワ ナゼ キキ ニ オチイッテ バカリ イルノカ

大学図書館所蔵 件 / 188

注記

原著の出版事項: Frankfurt : Westend verlag GmbH, 2013

参考文献: 巻末pi-xiii

内容説明・目次

内容説明

資本主義はイングランドの片田舎で偶然生まれ、その後幾度もの危機に直面してきた。にもかかわらず、いまや資本主義はわれわれの世界を規定さえしているように見える。しかしそれはほんとうだろうか。資本主義の寿命はどのあたりまできているのか。多くの危機はその欠陥によるものなのか。ドイツの気鋭経済ジャーナリストが歴史から資本主義の輪郭を浮かび上がらせる。

目次

  • 第1部 資本の興隆(奇跡の成長—富がこの世に生まれたとき;古代ローマ人もお金は大好き—でも、資本家にはならなかった ほか)
  • 第2部 資本に関する3つの誤り(資本主義は市場経済ではない;資本主義は国家と対立するものではない ほか)
  • 第3部 資本vs.お金(お金は謎である、資本と同じでもない;金ですか?いいえ、けっこうです ほか)
  • 第4部 資本の危機(危機の後は危機の前—近代的資本主義はなぜ危機に陥ってばかりいるのか;資本主義の終焉は近いように見えた—1929年からの世界恐慌 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19809959
  • ISBN
    • 9784778314866
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    338, xiiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ