『図書』のメディア史 : 「教養主義」の広報戦略

書誌事項

『図書』のメディア史 : 「教養主義」の広報戦略

佐藤卓己著

岩波書店, 2015.10

タイトル別名

図書のメディア史 : 教養主義の広報戦略

タイトル読み

『トショ』 ノ メディアシ : 「キョウヨウ シュギ」 ノ コウホウ センリャク

大学図書館所蔵 件 / 195

注記

2012-2014年度科学研究費助成研究・基盤B「青年期メディアとしての雑誌における教育的機能に関する研究」(研究代表者・佐藤卓己、課題番号24330235) の成果の一部

内容説明・目次

内容説明

戦中戦後に一時の中断をはさむとはいえ、一九三六年の『岩波書店新刊』発刊から七九年、一九四九年の再刊後、八〇〇号を数える岩波書店の雑誌『図書』。その「旗艦的」機関誌であると同時に「読書家の雑誌」を称するPR誌には、激動の時代を生きた著者や数多くの読者の、書物と向き合った悦びと苦悩が刻まれている。「岩波文化」の変容をとおして、読書空間の現代を照らし出すメディア史の快作。

目次

  • 序章 「種蒔く人」の教養メディア
  • 第1章 「岩波文化」ブランドの成立
  • 第2章 戦時期『図書』の公共性
  • 第3章 「戦後啓蒙」の教養主義
  • 第4章 文化講演会の時代
  • 第5章 一億総中流社会の教養
  • 第6章 情報消費社会の書物
  • 終章 デジタル時代の読書家へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB19885152
  • ISBN
    • 9784000610742
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 325p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ