マンガで学ぶ動物倫理 : わたしたちは動物とどうつきあえばよいのか

書誌事項

マンガで学ぶ動物倫理 : わたしたちは動物とどうつきあえばよいのか

伊勢田哲治著 ; なつたかマンガ

化学同人, 2015.11

タイトル読み

マンガ デ マナブ ドウブツ リンリ : ワタシ タチ ワ ドウブツ ト ドウ ツキアエバ ヨイノカ

大学図書館所蔵 件 / 112

注記

もっと知りたい人のためのブックガイド: p142-147

内容説明・目次

内容説明

ペット、肉食、動物実験、イルカ・クジラ、外来種…みんなが納得できる解決策はあるか?「生き物探偵」難問に挑む!

目次

  • 1章 ペットのしつけ「生き物探偵の初事件」—動物に言うことを聞かせるのは人間のエゴか?
  • 2章 殺処分と去勢「かわいそうなピータ」—なぜ伴侶動物の殺処分がなくならないのか?
  • 3章 化粧品の動物実験「沢田さんからの依頼」—人間の嗜好品のために動物の命を奪ってもよいか?
  • 4章 肉食と集約的畜産業「大好物のトンカツ」—犬や猫と、豚や鶏は違うのか?
  • 5章 動物園「ペンギンの逃亡」—動物には自由に行動する権利がないのか?
  • 6章 外来生物「ヌートリアとネコ」—外来生物は「愛護」されなくてよいか?
  • 7章 医療のための動物実験「熱烈なお見舞い」—実験動物のマウスには生きる権利はないのか?
  • 8章 野生動物による被害「シカにサルにイノシシも!」—野生動物の保護と駆除は矛盾しないか?
  • 9章 イルカ・クジラ漁問題「渦中のイルカショー」—クジラやイルカをどのように扱うべきか?
  • 10章 人間と動物の権利「生き物探偵『解決編』」—人間と動物への態度に筋を通すことはできるか?

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB20039892
  • ISBN
    • 9784759818130
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    151p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ