書誌事項

海を渡る「慰安婦」問題 : 右派の「歴史戦」を問う

山口智美 [ほか] 著

岩波書店, 2016.6

タイトル別名

海を渡る慰安婦問題 : 右派の歴史戦を問う

タイトル読み

ウミ オ ワタル「イアンフ」モンダイ : ウハ ノ「レキシセン」オ トウ

大学図書館所蔵 件 / 153

注記

その他の著者: 能川元一, テッサ・モーリス-スズキ, 小山エミ

年表 歴史認識問題をめぐる動き(1982-2016): 巻末p6-8

文献あり

収録内容

  • 「歴史戦」の誕生と展開 / 能川元一 [著]
  • アメリカ「慰安婦」碑設置への攻撃 / 小山エミ [著]
  • 謝罪は誰に向かって、何のために行うのか? : 「慰安婦」問題と対外発信 / テッサ・モーリス-スズキ [著]
  • 官民一体の「歴史戦」のゆくえ / 山口智美 [著]

内容説明・目次

内容説明

「米中韓が連携し、「慰安婦」問題で日本を攻撃している」。そんな危機感を抱く歴史修正主義者たちは「歴史戦」と称して、アメリカなど海外への情報発信を強めている。ネットによる情報拡散のみならず、現地での集会や訴訟も展開。政府も加わった「歴史戦」の実態を詳細に報告し、歴史認識と政治のあり方を問う。

目次

  • 第1章 「歴史戦」の誕生と展開(「歴史戦」前史—転機としての「一九九七年」;情報戦—第一次安倍内閣時代の右派論壇 ほか)
  • 第2章 アメリカ「慰安婦」碑設置への攻撃(日系アメリカ人が「慰安婦」碑に反対しているという誤報;実態のない「日本人いじめ」 ほか)
  • 第3章 謝罪は誰に向かって、何のために行うのか?—「慰安婦」問題と対外発信(マウマウ記念碑;「連累(implication)」という概念 ほか)
  • 第4章 官民一体の「歴史戦」のゆくえ(男女共同参画批判と「慰安婦」否定論;一九九〇年代の歴史修正主義と「慰安婦」否定論 ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21533919
  • ISBN
    • 9784000222327
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    xii, 143, 8p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ