脳はいかに治癒をもたらすか : 神経可塑性研究の最前線

書誌事項

脳はいかに治癒をもたらすか : 神経可塑性研究の最前線

ノーマン・ドイジ著 ; 高橋洋訳

紀伊國屋書店, 2016.7

タイトル別名

The brain's way of healing : remarkable discoveries and recoveries from the frontiers of neuroplasticity

The brain's way of healing : remarkable recoveries and discoveries from the frontiers of neuroplasticity

タイトル読み

ノウ ワ イカニ チユ オ モタラスカ : シンケイ カソセイ ケンキュウ ノ サイゼンセン

大学図書館所蔵 件 / 199

注記

その他のタイトルはp[2]による

原注と参考文献: p560-583

内容説明・目次

内容説明

光、音、電気、運動、そして心の作用が、脳の配線をつなぎ変える!米国で人気の精神科医が、難病を克服した数々の患者や、医師、関係者らを徹底取材。回復するまでの驚きのエピソードとともに神経可塑性研究の最前線が克明に綴られ、ニューヨークタイムズ・ベストセラーに輝いた、科学・医療読み物の注目作。

目次

  • 第1章 ある医師の負傷と治癒—マイケル・モスコヴィッツは慢性疼痛を脱学習できることを発見する
  • 第2章 歩くことでパーキンソン病の症状をつっぱねた男—いかに運動は変性障害をかわし、認知症を遅らせるのに役立つか
  • 第3章 神経可塑的治癒の四段階—いかに、そしてなぜ有効に作用するのか
  • 第4章 光で脳を再配線する—光を用いて休眠中の神経回路を目覚めさせる
  • 第5章 モーシェ・フェルデンクライス 物理学者、黒帯柔道家、そして療法家—動作に対する気づきによって重度の脳の障害を癒す
  • 第6章 視覚障害者が見ることを学ぶ—フェルデンクライス・メソッド、仏教徒の治療法、その他の神経可塑的メソッド
  • 第7章 脳をリセットする装置—神経調節を導いて症状を逆転させる
  • 第8章 音の橋—音楽と脳の特別な結びつき

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB21639465
  • ISBN
    • 9784314011372
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    591p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ