ハッブル : 宇宙を広げた男

書誌事項

ハッブル : 宇宙を広げた男

家正則著

(岩波ジュニア新書, 838)

岩波書店, 2016.8

タイトル読み

ハッブル : ウチュウ オ ヒロゲタ オトコ

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

ハッブル関連年表: 巻末p1-3

参考図書: 巻末p4-5

内容説明・目次

内容説明

銀河の距離を測り、宇宙の膨張を発見し、人類の宇宙観を激変させた20世紀最大の天文学者、エドウィン・ハッブル。成績優秀、スポーツ万能、勤勉でハンサムなタフ・ガイ—しかしその過剰な自意識はあちこちで摩擦を引き起こし…。アインシュタインら同時代科学者たちと織りなす栄光と挫折の生涯に、天文学者の著者がせまる!

目次

  • 第1部 生い立ちと青春(ハッブル家;威厳ある父と、優しい母 ほか)
  • 第2部 アンドロメダ銀河の謎(望遠鏡計画仕掛け人、ヘール;失敗、また失敗、そして ほか)
  • 第3部 宇宙は膨張している!(日本通の富豪と火星の「運河」;近づくアンドロメダ大星雲、遠ざかるおとめ座渦巻星雲 ほか)
  • 第4部 巨大望遠鏡と、20世紀最大の天文学者の挫折(ヘールの新たな夢;主鏡の製作 ほか)
  • 第5部 観測的宇宙論の展開(膨張宇宙論と定常宇宙論;宇宙考古学 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ