書誌事項

時間の非実在性

ジョン・エリス・マクタガート [著] ; 永井均訳・注解と論評

(講談社学術文庫, [2418])

講談社, 2017.2

タイトル別名

The unreality of time

タイトル読み

ジカン ノ ヒジツザイセイ

大学図書館所蔵 件 / 181

注記

"Mind" vol.17(pp.456-474), 1908に掲載された論文"The unreality of time"の翻訳に、翻訳者による要約、注解と論評、付論を付けたもの(「はじめに」より)

必要最小限の参考文献: p261

シリーズ番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

第一部はマクタガートの著名な論文「時間の非実在性」の全訳。第二部は訳者による段落ごとの詳細な注解と論評。第三部は訳者による付論。本書は、この三部構成から成る。A系列(過去・現在・未来)とB系列(より前とより後)というマクタガートが提起した問題を、訳者が第二部以降で縦横に掘り下げる決定版。はたして「現在」とは、「私」とは何か。

目次

  • 第1部 時間の非実在性(本文)
  • 第2部 注解と論評(A系列なしには時間はありえない;時間の本質であるA系列は矛盾しており、それゆえ実在しないから、時間は実在しない)
  • 第3部 付論(A系列とB系列;矛盾はどこにあるのか;時計の針について)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2308825X
  • ISBN
    • 9784062924184
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    261p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ