書誌事項

近現代仏教の歴史

吉田久一著

(ちくま学芸文庫, [ヨ-17-1])

筑摩書房, 2017.5

タイトル読み

キンゲンダイ ブッキョウ ノ レキシ

大学図書館所蔵 件 / 90

注記

叢書番号はブックジャケットによる

単行本は1998年2月筑摩書房刊

内容説明・目次

内容説明

今でこそ脚光を浴びる研究領域となった近代仏教は、少し前までは日陰の存在としてごく少数の先駆者によってひっそりと研究がなされているに過ぎなかった。そのひとりが吉田久一で、緻密な文献的実証をもとに多数の著作を残し、その成果が近代仏教研究の隆盛へとつながった。本書は近代前史としての幕藩体制下の仏教から、二十世紀末のオウム真理教までを含む仏教総合史的概説で、大教院分離運動、大逆事件、神道国教化政策、大正デモクラシー、戦争、社会主義、戦後思想、新宗教など主要な問題を公正にバランスよく網羅している。社会史、政治史を絡めながら思想史的側面を重視した画期的労作。

目次

  • 「近現代仏教の歴史」について
  • 第1部 近代仏教の歴史(近世幕藩体制下の仏教—近代仏教史理解のために;明治維新と仏教;近代国家の確立と仏教の「革新」;帝国主義国家への出立と仏教近代化の形成;大正デモクラシーと仏教)
  • 第2部 現代仏教の歴史(社会的危機=過渡期と仏教;日中戦争・太平洋戦争と仏教;戦後の仏教;高度経済成長期と仏教(低成長期を含む);二〇世紀末社会と仏教)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ