発達障害の時代とラカン派精神分析 : 「開かれ」としての自閉をめぐって

書誌事項

発達障害の時代とラカン派精神分析 : 「開かれ」としての自閉をめぐって

上尾真道, 牧瀬英幹編著

晃洋書房, 2017.6

タイトル別名

発達障害の時代とラカン派精神分析 : 開かれとしての自閉をめぐって

「開かれ」としての自閉をめぐって

タイトル読み

ハッタツ ショウガイ ノ ジダイ ト ラカンハ セイシン ブンセキ : ヒラカレ トシテノ ジヘイ オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

参考文献: 巻末p8-20

その他の著者: 丸山明, 池田真典, 松本卓也, 河野一紀, 渋谷亮, 小倉拓也

内容説明・目次

内容説明

ラカン派精神分析を手掛かりに、臨床と思想の両面から、現代の臨床‐倫理を模索する。自閉を「開かれ」としてとらえ、「心」の見方について再考を試みる意欲作。

目次

  • 第1部 歴史を振り返る(「発達障害」の問題圏—歴史的・精神分析的考察)
  • 第2部 発達障害を「聞く」—ラカン派精神分析臨床の視点から(発達障害における「生」と「死」の問い—発達障害児と母親との間で何が分有されているのか;学校×発達障害×精神分析—発達障害と「自我の目覚め」)
  • 第3部 現代ラカン派の「自閉」論(ベルギーのラカン派による施設での臨床について;ラカン派精神分析における自閉症論;言語に棲まうものと知—デビリテから睡眠障害へ)
  • 第4部 “開かれ”の空間—思想史の視点から(とぎれとぎれに結びつく—発達障害から関係性を考える;可能的なものの技法—「自閉」のリトルネロに向けて)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24015262
  • ISBN
    • 9784771029002
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vii, 260, 20p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ