書誌事項

都市と農村

柳田国男著

(岩波文庫, 青(33)-138-11)

岩波書店, 2017.9

タイトル読み

トシ ト ノウソン

大学図書館所蔵 件 / 224

注記

『都市と農村』(「朝日常識講座」第6巻, 朝日新聞社, 1929年) を文庫化したもの

底本: 筑摩書房版『柳田國男全集』第4巻(1998年)

内容説明・目次

内容説明

昭和初期の小作争議が頻発した時代、農政官として出発した柳田は、農村の疲弊と農民の貧困を、農村内部の問題としてではなく、都市との関係でとらえた。田舎から都市への人の流入を歴史的にたどり、文化全体をみつめるなかで、具体的な希望として農民による協同組合運営や、地方都市間の連携を提言。現代においても示唆に富む。初文庫化。

目次

  • 第1章 都市成長と農民
  • 第2章 農村衰微の実相
  • 第3章 文化の中央集権
  • 第4章 町風・田舎風
  • 第5章 農民離村の歴史
  • 第6章 水呑百姓の増加
  • 第7章 小作問題の前途
  • 第8章 指導せられざる組合心
  • 第9章 自治教育の欠陥とその補充
  • 第10章 予言よりも計画

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24407422
  • ISBN
    • 9784003812211
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    299p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ