世界の共同主観的存在構造

書誌事項

世界の共同主観的存在構造

廣松渉著

(岩波文庫, 青N(38)-122-1)

岩波書店, 2017.11

タイトル読み

セカイ ノ キョウドウ シュカンテキ ソンザイ コウゾウ

大学図書館所蔵 件 / 214

注記

『世界の共同主観的存在構造』(勁草書房, 1972年) に, 附録として足立和浩・白井健三郎・廣松渉による鼎談「サルトルの地平と共同主観性」(『情況』1973年1月号) を併録

『世界の共同主観的存在構造』の底本には, 『廣松渉著作集』第一巻 (岩波書店, 1996年) を使用

解説: 熊野純彦

内容説明・目次

内容説明

あるものをあるものとして認識するとはどういうことなのか?われわれはいかにして「一つの世界」を共有し、その世界はどのように構造化されているのか?人間を「共同主観的存在」と見る立場から、認識論の乗越えと再生を目指した廣松哲学、その核心を示す主著。鼎談「サルトルの地平と共同主観性」を付載。

目次

  • 1(哲学の逼塞情況と認識論の課題;現象的世界の四肢的存在構造;言語的世界の事象的存立構造;歴史的世界の協働的存立構造)
  • 2(共同主観性の存在論的基礎;判断の認識論的基礎構造;デュルケーム倫理学説の批判的継承)
  • 附録 サルトルの地平と共同主観性—役柄存在・言語・構造主義をめぐって

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB24892317
  • ISBN
    • 9784003812419
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    552, 16p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ