すべての新聞は「偏って」いる : ホンネと数字のメディア論

書誌事項

すべての新聞は「偏って」いる : ホンネと数字のメディア論

荻上チキ著

扶桑社, 2017.12

タイトル別名

すべての新聞は偏っている

タイトル読み

スベテ ノ シンブン ワ 「カタヨッテ」イル : ホンネ ト スウジ ノ メディアロン

大学図書館所蔵 件 / 110

内容説明・目次

内容説明

読売の本音、朝日の法則、産経の戦略—新聞にもネットニュースにも“真実”はない。

目次

  • 第1部 新聞はいかにして「偏る」のか(新聞の個性と偏り;メディアは「誰」を選ぶのか?;メディアが先か、思想が先か)
  • 第2部 メディアと政治の距離(権力とメディアの距離感;沈黙する政治家と調査報道;メディアの語りの影響力;陰謀論に加担しないために)
  • 第3部 これからのメディア(軽減税率報道が遺した教訓;書評ジャーナリズムの可能性;社会運動とメディア)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25118238
  • ISBN
    • 9784594078706
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    263p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ