書誌事項

ミュシャ : パリの華、スラヴの魂

小野尚子 [ほか] 著

(とんぼの本)

新潮社, 2018.2

タイトル別名

Alfons Mucha

ミュシャ : パリの華スラヴの魂

タイトル読み

ミュシャ : パリ ノ ハナ、スラヴ ノ タマシイ

大学図書館所蔵 件 / 72

注記

その他の著者: 本橋弥生, 阿部賢一, 鹿島茂

「芸術新潮」2017年3月号特集「秘められたミュシャ : パリで咲かせた華、スラヴに見つけた星」を増補・再編集したもの

アルフォンス・ミュシャ年譜: p156-157

主要参考文献: p158

内容説明・目次

内容説明

ベル・エポックのパリで華々しく活躍したアルフォンス・ミュシャ。しかし功成り名遂げるほどに故郷チェコへの想いを強めた彼は、50歳を前に帰郷。そこで約16年をかけて描き出したのが、スラヴ民族に捧ぐ壮大な歴史スペクタクルと呼ぶべき“スラヴ叙事詩”でした。時代に翻弄され、いまなお謎多きミュシャ芸術の到達点を、プラハでの撮り下ろし写真とともに徹底読解。パリ時代の傑作やチェコガイドも収録し、あなたの知らないミュシャの素顔に迫ります。

目次

  • 読み解き“スラヴ叙事詩”
  • “スラヴ叙事詩”から見えてくるミュシャ
  • ムハをめぐる複数の文脈—プラハ、スラヴ、そしてフリーメイソン
  • 傑作選 乱れ咲きのパリ時代
  • ミュシャが演出した“目覚めたつもりの夢”
  • ざっくり分かるパリのミュシャ
  • チェコガイド ミュシャを追いかけて

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ