書誌事項

大隈重信自叙伝

[大隈重信著] ; 早稲田大学編

(岩波文庫, 青N(38)-118-2)

岩波書店, 2018.3

タイトル読み

オオクマ シゲノブ ジジョデン

大学図書館所蔵 件 / 208

注記

『大隈伯昔日譚』(円城寺清編, 立憲改進党々報局, 1895年), 『大隈侯昔日譚』(松枝保二編, 報知新聞社出版部, 1922年)から大隈重信の伝記にかかわる記述を選んで再編成し, これに伝記的内容を中心とする演説・談話を加えたもの

大隈重信略年表: p483-494

内容説明・目次

内容説明

日本の近代化を推進した大隈重信(1838‐1922)の回顧談から自伝的な記述を編集・収録。生い立ち、幕末佐賀藩における少壮時代、空理空論を排して「活学」を志向した青年期、新政府での活躍、征韓論政変、政界からの「追放」、東京専門学校と立憲改進党の創設などの回顧から、当時の混沌とした政情と、政策決定の裏面が浮かび上がる。

目次

  • 1 生立ちから征韓論政変まで(少壮時代の教育と境遇—書生時代の事情;生立ちと義祭同盟;形勢一変と藩主閑叟 ほか)
  • 2 東京専門学校開校前後まで(台湾出兵と西南戦争;開化政策の推進と明治十四年の政変;東京専門学校と立憲改進党の創設)
  • 3 過去を顧みて—追懐談・追懐文(我輩は慈母によりて勤王家となる;余は如何に百難を排して条約改正の難局に当りたる乎;爆弾当時の追懐 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2576676X
  • ISBN
    • 9784003811825
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    523, 8p
  • 大きさ
    15cm
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ