司法の現場で働きたい! : 弁護士・裁判官・検察官

書誌事項

司法の現場で働きたい! : 弁護士・裁判官・検察官

打越さく良, 佐藤倫子編

(岩波ジュニア新書, 868)

岩波書店, 2018.3

タイトル別名

司法の現場で働きたい : 弁護士裁判官検察官

タイトル読み

シホウ ノ ゲンバ デ ハタラキタイ : ベンゴシ サイバンカン ケンサツカン

大学図書館所蔵 件 / 108

内容説明・目次

内容説明

「人の役に立つ仕事がしたい!」「困っている人を助けたい!」と考える人は多い。法律家(弁護士・裁判官・検察官)は、まさにその思いをかなえる仕事のひとつ。現在活躍中の13人の法律家たちが、今の職業を選んだ理由、その面白さと難しさ、さらには意義を率直に語る。時に法律家以外の顔も垣間見え、進路や生き方に悩む人にとっても役に立つ一冊。

目次

  • 弁護士(いのちの尊厳を守りたい;「子どものための弁護士」を目指した私の今;すべて働く人のために ほか)
  • 裁判官(裁判と私;裁判官として誇りをもって—普通の女の子が裁判官となるまで)
  • 検察官(検察官として大切にしていること;最高に楽しい!「検事」という仕事;ウィーン行きの飛行機の中で ほか)
  • 弁護士(刑事弁護の仕事;外国人事件に取り組む—声を届けにくい人たちの力に;町弁として、人々の人生に寄り添いたい)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ