書誌事項

トマス・アクィナス真理論

トマス・アクィナス著 ; 山本耕平訳

(中世思想原典集成 / 上智大学中世思想研究所編訳・監修, 第2期1-2)

平凡社, 2018.3

タイトル別名

Quaestiones disputatae de veritate

Corpus fontium mentis medii aevi

トマスアクィナス真理論

タイトル読み

トマス・アクィナス シンリロン

大学図書館所蔵 件 / 109

注記

総序執筆: 稲垣良典

底本: Sancti Thomae de Aquino Opera omnia, iussu Leonis XIII P.M. edita, tomus XXII: Quaestiones disputatae de veritate, cura et studio Fratrum Praedictorum, 3 vols., Roma 1972-76

原書の全訳を上・下二巻に分けて収録し、総序、翻訳、訳註 (底本註を含む) の順に配列したもの

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784582734348

内容説明

在るものは真なるものである—1256年、30歳を越えたばかりで教授資格を得たパリ大学神学部で、少壮の巨匠トマスが繰り広げた創意の連続討論集。『神学大全』における大綜合への若き日の、精緻にして野心的な定礎。上巻は真理、神の知、御言葉、摂理、予定、天使の知、精神、予言など。全29問題、本邦初完訳。

目次

  • 真理について
  • 神の知について
  • イデアについて
  • 言葉について
  • 摂理について
  • 予定について
  • 生命の書について
  • 天使の認識について
  • 天使の知の伝達について
  • 精神について
  • 教師について
  • 予言について
  • 脱魂について
巻冊次

下 ISBN 9784582734355

内容説明

神に照らされた理性の秩序。今日における、精神の形而上学。現代の科学的認識と功利主義的倫理の隘路へ投じられる、再びの神的照明。古代哲学と教父の諸権威を鏡につむがれる、溌刺たる信仰と学知の織物が、真理と存在から出発して、キリストの恩寵へと到り着く最終討論まで。下巻は信仰、無垢の人間、死後の魂、善意志、自由決定力、キリストの恩寵など。全29問題、本邦初完訳。

目次

  • 信仰について
  • 上位の理性と下位の理性について
  • 良知について
  • 良心について
  • 無垢の状態での最初の人間の認識について
  • 死後の魂の認識について
  • キリストの魂の知について
  • 善きものについて
  • 善きものへの欲求について
  • 神の意志について
  • 自由決定力について
  • 感能について
  • 魂の情念について
  • 恩寵について
  • 罪人の義化について
  • キリストの恩寵について

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • 中世思想原典集成

    上智大学中世思想研究所編訳・監修

    平凡社 1992-

    [第1期] (セット) , 第2期

    所蔵館5館

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB25808247
  • ISBN
    • 9784582734348
    • 9784582734355
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    lat
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ