仏教論争 : 「縁起」から本質を問う

書誌事項

仏教論争 : 「縁起」から本質を問う

宮崎哲弥著

(ちくま新書, 1326)

筑摩書房, 2018.5

タイトル別名

仏教論争 : 縁起から本質を問う

タイトル読み

ブッキョウ ロンソウ : エンギ カラ ホンシツ オ トウ

大学図書館所蔵 件 / 135

内容説明・目次

内容説明

二千五百年もの歴史をもつ仏教。その始点にして中核と言い得るのが、「縁起」なる法則だ。だが、「これが縁起だ」という定説は、仏教全体としてはいまだ存在していない。本書は、和辻哲郎、三枝充悳といった第一級の知識人、仏教学者が縁起をめぐり繰り広げた論争を俎上に載せ、なぜ彼らが虚構を実体視する罠に陥ったのかを検証。縁起とは何であり、仏教とは何であるかを、透徹した思考で浮かび上がらせた、類例なき書。

目次

  • 第1章 縁起という迷宮(仏教の始点;普遍性の強調—初期仏教の縁起観 ほか)
  • 第2章 皮相な論争理解—第一次縁起論争の解剖(上)(和辻哲郎の参戦;偏見のヴェール ほか)
  • 第3章 真の対立点へ—第一次縁起論争の解剖(下)(宇井の木村説批判;論じ返す木村泰賢 ほか)
  • 第4章 仏教学者たちの戦い—第二次縁起論争の深層(論争を主導した三枝充悳;計四九本の論争文 ほか)
  • 第5章 生命主義とポストモダン—仏教の日本近代とその後(仏教は生命讃美の教えにあらず;初期仏教の生命観 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26045752
  • ISBN
    • 9784480071347
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    312p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ