書誌事項

ゲッベルスと私 : ナチ宣伝相秘書の独白

ブルンヒルデ・ポムゼル, トーレ・D. ハンゼン著 ; 森内薫, 赤坂桃子訳

紀伊國屋書店, 2018.6

タイトル別名

Ein deutsches Leben : was uns die Geschichte von Goebbels' Sekretärin für die Gegenwart lehrt

ゲッベルスと私 : ナチ宣伝相秘書の独白

タイトル読み

ゲッベルス ト ワタクシ : ナチ センデンショウ ヒショ ノ ドクハク

大学図書館所蔵 件 / 174

注記

監修: 石田勇治

内容説明・目次

内容説明

ヒトラーの右腕としてナチ体制を牽引したヨーゼフ・ゲッベルスの103歳の元秘書が、69年の沈黙を破り当時を回想する。

目次

  • 「私たちは政治に無関心だった」—一九三〇年代ベルリンでの青春時代
  • 「ヒトラーはともかく、新しかった」—国営放送局へ
  • 「少しだけエリートな世界」—国民啓蒙宣伝省に入る
  • 「破滅まで、忠誠を」—宣伝省最後の日々
  • 「私たちは何も知らなかった」—抑留と、新たな出発
  • 「私たちに罪はない」—一〇三歳の総括

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ