カルピスをつくった男三島海雲

書誌事項

カルピスをつくった男三島海雲

山川徹著

小学館, 2018.6

タイトル別名

三島海雲 : カルピスをつくった男

タイトル読み

カルピス オ ツクッタ オトコ ミシマ カイウン

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

年表: p346-347

主要参考文献: p348-351

内容説明・目次

内容説明

男の名は三島海雲。一八七八年に貧乏寺の長男として生まれ、一九〇二年、日本語教師として中国大陸に渡った。その後、北京で雑貨を売買する行商会社を立ち上げ、モンゴル高原を行き来する。ある日、遊牧民から乳製品を振る舞われた。未知なる味に心が躍る。その感動は海を渡り、一九一九年、日本初の乳酸菌飲料カルピスが誕生することになる。

目次

  • 序章 カルピスが生まれた七月七日に
  • 第1章 国家の運命とともに
  • 第2章 草原の国へ
  • 第3章 戦争と初恋
  • 第4章 最期の仕事
  • 終章 一〇〇年後へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26445477
  • ISBN
    • 9784093897778
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    351p, 図版iiip
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ