土方歳三と榎本武揚 : 幕臣たちの戊辰・箱館戦争

書誌事項

土方歳三と榎本武揚 : 幕臣たちの戊辰・箱館戦争

宮地正人著

(日本史リブレット人, 068)

山川出版社, 2018.7

タイトル別名

Hijikata Toshizō to Enomoto Takeaki

土方歳三と榎本武揚 : 幕臣たちの戊辰箱館戦争

タイトル読み

ヒジカタ トシゾウ ト エノモト タケアキ : バクシン タチ ノ ボシン ハコダテ センソウ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

参考文献: 巻末

榎本武揚とその時代, 土方歳三とその時代[年表]: 巻末

内容説明・目次

内容説明

旧国家幕府の解体にいかに対処するのか?東征大総督有栖川宮熾仁親王が統帥する、薩長土をはじめとする新政府ヒタ押しの大軍は、東海・東山・北陸三道から江戸をめざしていた。これに対し、幕末京都で一会桑政権の一翼を担った新選組の土方歳三を旧幕陸軍の指標とし、幕府国家近代化の可能性を体現する榎本武揚を旧幕海軍の指標として具体的に追跡するが、ここに恭順派筆頭旗本勝海舟を投ずることにより、彼らの行動を構造化することを試みる。

目次

  • 江戸開城の構図はいかなるものだったか
  • 1 鳥羽・伏見戦争時にいたる土方と榎本
  • 2 旧国家幕府解体の諸問題
  • 3 江戸開城時にいたる土方と榎本
  • 4 船橋戦争・遊撃隊・上野戦争
  • 5 戊辰戦争時の土方・新選組・旧幕海軍
  • 6 土方・榎本の箱館戦争
  • 土方・榎本・勝の位置づけ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ