書誌事項

マジック・ランタン : 光と影の映像史

東京都写真美術館編

青弓社, 2018.8

タイトル別名

The magic lantern : a short history of light and shadow

マジックランタン : 光と影の映像史

タイトル読み

マジック・ランタン : ヒカリ ト カゲ ノ エイゾウシ

大学図書館所蔵 件 / 75

注記

展覧会カタログ

会期・会場: 2018年8月14日-10月14日:東京都写真美術館

主催: 東京都, 東京都写真美術館, 日本経済新聞社

英文併記

主要参考文献: p155-160

作品リスト: p161-173

内容説明・目次

内容説明

17世紀に発明された投影装置であるマジック・ランタン。ろうそくやランプを光源に、ガラスに描かれた図像を、レンズを通してスクリーンに投影するメディアだった。「映画以前」の初期映像文化の貴重な図像や投影装置をフルカラーで紹介し、マジック・ランタンの現代性を照らし出す。

目次

  • 図版(マジック・ランタンの誕生;マジック・ランタンの流行;日本のマジック・ランタン;スライド;マジック・ランタン以後)
  • 論考(遠藤みゆき マジック・ランタンの両洋;エルキ・フータモ マジック・ランタンとクリーン・プラクティス—メディア考古学的省察;草原真知子 旅する幻燈)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ