書誌事項

裏社会の日本史

フィリップ・ポンス著 ; 安永愛訳

(ちくま学芸文庫, [ホ21-1])

筑摩書房, 2018.8

タイトル別名

Misère et crime au Japon : du XVIIe siècle à nos jours

タイトル読み

ウラシャカイ ノ ニホンシ

大学図書館所蔵 件 / 83

注記

2006年3月刊の文庫化

原著: Paris : Gallimard, c1999

叢書番号はブックジャケットによる

内容説明・目次

内容説明

やくざ、被差別民、テキヤ、日雇い労働者等、日本社会の陰に存在してきたマージナルな人々に光をあて、彼らの貧困の実態と権力による支配・利用構造を数多くの文献と取材によって詳細に考察した重厚なリポート。著者は『ル・モンド』紙極東特派員を長年務めているフランス人ジャーナリストで、そのタブーを恐れない記述やインドの不可触民・イタリアのマフィアとの比較など、日本人では書き得なかった外国人の視点ならではのものとなっている。中世から現代まで、歴史の裏側に確実にあった「もうひとつの日本」の真実。

目次

  • 第1部 日陰の人々(中世における周縁民;江戸期下層のヒエラルキー;国民国家の周縁で;大変容;大日本を支えた労働者たち;どんづまりの街)
  • 第2部 やくざ(江戸の犯罪;義賊;敗戦期のやくざから暴力団まで;やくざの組織・権威・伝統;あたらしいやくざ;露天商;路上の花火師たち;テキヤ—帰属と拒否)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ