人工知能はなぜ椅子に座れないのか : 情報化社会における「知」と「生命」

書誌事項

人工知能はなぜ椅子に座れないのか : 情報化社会における「知」と「生命」

松田雄馬著

(新潮選書)

新潮社, 2018.8

タイトル別名

人工知能はなぜ椅子に座れないのか : 情報化社会における知と生命

タイトル読み

ジンコウ チノウ ワ ナゼ イス ニ スワレナイノカ : ジョウホウカ シャカイ ニオケル「チ」ト「セイメイ」

大学図書館所蔵 件 / 158

注記

参考文献・参考ウェブサイト: 各章末

内容説明・目次

内容説明

シンギュラリティの到来に一喜一憂しても、「人工知能の時代」は確実にやってくる。だからこそ持つべき視点がある。コンピュータがいかに「見て」「動いて」「考える」かを、錯視やロボットの例を用いて徹底解明。そして「生命」を深く考えてこそ分かる「椅子に座る」ことの本当の意味。注目の新鋭研究者が迫る「知能」の正体!

目次

  • 序章 人工知能を通して感じる生命への疑問
  • 第1章 人工生命、そして、人工社会とは何か
  • 第2章 人工知能の研究はどのようにして始まったのか
  • 第3章 脳はどのようにして世界を知覚するのか
  • 第4章 意識にみる人工知能の限界と可能性
  • 第5章 シンギュラリティの喧噪を超えて
  • 終章 情報化社会における「知」と「生命」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26697800
  • ISBN
    • 9784106038310
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    291p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ