書誌事項

鹿児島戦争記 : 実録西南戦争

篠田仙果作 ; 松本常彦校注

(岩波文庫, 緑(31)-216-1)

岩波書店, 2018.9

タイトル読み

カゴシマ センソウキ : ジツロク セイナン センソウ

大学図書館所蔵 件 / 211

注記

『明治実録集』(「新日本古典文学大系 明治編」第13巻, 岩波書店, 2007年)収録の、松本常彦校注「鹿児島戦争記」に基づき、整理、解説を付したもの

底本: 早稲田大学蔵本『鹿児島戦争記』(篠田仙果編, 小林清親画, 当世堂)初編-12編(明治10年3月3日御届-10月11日御届)

内容説明・目次

内容説明

明治十年一月末、西郷隆盛を担ぎ鹿児島・私学校の生徒たちが蜂起した。西南戦争の始まりである。新政府に不満をもつ士族らの大規模な反乱は、八カ月後の西郷の死まで、日々新聞で報じられた。それらを絵入り読み物としてまとめ直したのが本書である。小林清親の挿絵とともに、西郷らと官軍との対峙を生きいきと伝える。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26782353
  • ISBN
    • 9784003121610
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    147p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ