動物園の社会心理学 : 動物園が果たす役割と地方動物園が抱える問題

書誌事項

動物園の社会心理学 : 動物園が果たす役割と地方動物園が抱える問題

諸井克英, 古性摩里乃著

晃洋書房, 2018.9

タイトル読み

ドウブツエン ノ シャカイ シンリガク : ドウブツエン ガ ハタス ヤクワリ ト チホウ ドウブツエン ガ カカエル モンダイ

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

引用文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

生涯に3度訪れると言われる動物園。最初は親と、2度目は子どもと、3度目は孫と。いやいや、動物園はもっと魅力溢れる神秘空間。あなたはどんな動物園が好き?動物たちにも性格ってあるの?地方動物園のゆくえは?日常空間では決して遭遇できない動物たちとの出会いの場、それが動物園。動物園は魅力溢れる神秘空間。さあ文化系「動物園学」を始めよう。

目次

  • 第1部 動物園が果たす社会心理学的役割(動物園におけるブランド絆感の構築を目指して;動物園で飼育されている動物に対する性格特性の推測;人間による動物のいのちに対する介入をめぐる諸問題—いのちに関する一考察)
  • 第2部 地方動物園が抱える問題と地域での役割(日本における地方動物園の現状—いくつかの地方動物園に関する考察;「姉妹都市」提携事業として姫路市立動物園に寄贈されたウォンバットのゆくえ;ここまでの暫定的結論)
  • 付論 虚構世界における動物園—『逢魔ヶ刻動物園』が描く変身の妄想的世界

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB26997837
  • ISBN
    • 9784771030886
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    viii, 162p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ