隠される宗教、顕れる宗教

書誌事項

隠される宗教、顕れる宗教

西村明責任編集

(いま宗教に向きあう / 池澤優, 藤原聖子, 堀江宗正, 西村明編, 2 ; 国内編2)

岩波書店, 2018.10

タイトル別名

隠される宗教顕れる宗教

タイトル読み

カクサレル シュウキョウ、アラワレル シュウキョウ

大学図書館所蔵 件 / 219

注記

年表: p[134]-[135]

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

現代日本において宗教は、政治や社会とどのような関係にあるのだろう。日本会議と創価学会にみる「宗教と政治」、召還される「国家神道」、慰霊空間、宗教判例、宗教者の社会貢献、宗教法人論、キリスト教フェミニズム、日本文化論の中の宗教/無宗教、テレビメディアと宗教、「心理宗教テクニック」、宗教と医療・ケア…。これら気になるトピックについて、歴史的文脈を押さえながら総検証。見えにくい部分と表にあらわれている部分の両面から、現在の日本社会における「宗教」と「宗教的なもの」を考える。

目次

  • 序論 (ポスト)世俗化論と日本社会(西村明)
  • 1 「政教分離」のポリティックス(宗教が政治に関わるということ(塚田穂高);召還される「国家神道」—保守政治・宗教右派・象徴天皇の交錯(奥山倫明);錯綜する慰霊空間—ポスト戦後的状況のなかで(西村明);宗教判例の戦後と現在(住家正芳))
  • 2 宗教の「公益性」をめぐって(大震災後の宗教者による社会貢献と「心のケア」の誕生(高橋原);僧侶による“脱”社会活動—自死対策の現場から(小川有閑);宗教法人の公益性—二つの法人制度の比較から(竹内喜生);日本におけるキリスト教フェミニズムとその公益性(ミラ・ゾンターク))
  • 3 見えない宗教、見せる宗教(日本文化論の中の宗教/無宗教(星野靖二);宗教の社会活動と公共放送—臨床宗教師のテレビ表出を中心に(榎本香織);心理宗教テクニックと現代日本社会(小池靖);ケア・宗教・世俗化における言説とその語り方をめぐって—何が顕れ、何が隠されるのか(古澤有峰))

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB27067014
  • ISBN
    • 9784000265089
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vii, 258p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ