「海賊」の大英帝国 : 掠奪と交易の四百年史

書誌事項

「海賊」の大英帝国 : 掠奪と交易の四百年史

薩摩真介著

(講談社選書メチエ, 687)

講談社, 2018.11

タイトル別名

海賊の大英帝国 : 掠奪と交易の400年史

タイトル読み

カイゾク ノ ダイエイ テイコク : リャクダツ ト コウエキ ノ ヨンヒャクネンシ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

主要参考文献一覧: p285-300

内容説明・目次

内容説明

ドレイクは、なぜ女王からナイトの称号を得たのか?新大陸・大西洋世界の植民競争、重商主義の貿易抗争、そして戦争。軍人・政治家・商人たちの野望が渦巻く中、イギリスがスペイン等を押しのけて海洋帝国を築くために、“海賊”のグローバルな“活躍”が不可欠だった!海の上の掠奪と交易が歴史を転回させた四百年を、ダイナミックかつ緻密に描く!

目次

  • 序章 海洋と掠奪
  • 第1章 掠奪者たち、大西洋に乗り出す—中世後期からエリザベス期の掠奪行為
  • 第2章 同期する掠奪—ジェイムズ一世期の海賊とバッカニア
  • 第3章 グローバル化する掠奪—紅海者の活動
  • 第4章 海賊たちの黄昏
  • 第5章 私掠者と掠奪
  • 第6章 海軍と掠奪
  • 第7章 自由貿易思想の興隆と私掠の廃止
  • 終章 第一次世界大戦の勃発とパリ宣言体制の崩壊

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ