ファンタジーランド : 狂気と幻想のアメリカ500年史

書誌事項

ファンタジーランド : 狂気と幻想のアメリカ500年史

カート・アンダーセン著 ; 山田美明, 山田文訳

東洋経済新報社, 2019.1

タイトル別名

Fantasyland : how America went haywire : a 500-year history

タイトル読み

ファンタジー ランド : キョウキ ト ゲンソウ ノ アメリカ 500ネンシ

大学図書館所蔵 件 / 194

注記

原著 (c2017) の翻訳

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784492444528

内容説明

ニューイングランド幻想、ジェファーソン:独立宣言、西部開拓:フロンティア精神、フォード:大量生産モデル、ディズニー:夢の王国建設、ケネディ:宇宙計画—狂信者の国家の物語。全米で話題のベストセラー!

目次

  • 「ファンタジーランド」と化しつつあるアメリカ
  • 第1部 アメリカという魔術 1517〜1789年(私は信じる、ゆえに私は正しい—プロテスタント;最初の移住者—一獲千金を求める人々 ほか)
  • 第2部 狂信者たちの合衆国 19世紀(第一次大狂乱期—合理的なヨーロッパ、狂信的なアメリカ;実にアメリカ的な二次創作小説—預言者ジョセフ・スミス ほか)
  • 第3部 理性への傾斜の時代 1900〜1960年(進歩と反動の時代—1920年代のアメリカ;理性vs.信仰—装いを新たにした古い宗教 ほか)
  • 第4部 狂気と幻想のビッグバン 1960〜1970年(ヒッピー—60〜70年代の若者文化;知識人—科学は信仰の一形態 ほか)
巻冊次

下 ISBN 9784492444542

内容説明

9.11同時多発テロ、金融資本主義:投資家の王国、GAFA:現代の四騎士、1%vs.99%:超格差社会、トランプ現象:ポスト真実—アメリカとは何か!?Amazonレビュー、500件超!

目次

  • 第5部 拡大する「ファンタジーランド」 1980年代から20世紀末まで(空想を現実に、現実を空想に—巨大テーマパーク化する社会;いつまでも若く—「みんな子ども」症候群;レーガン政権とデジタル時代—ウェブの世界に広がる「ファンタジーランド」;20世紀末以降のアメリカの宗教—縮小する伝統的宗教;狂信化するキリスト教—科学を疑問視するアメリカ人;“アメリカ”vs.“神のいない文明世界”—なぜアメリカは例外的なのか?;キリスト教とは異なる魔術、宗教とは異なる精神世界—ニューエイジ運動の広がり;代替医療—再び魔術化する医学;主流派エリートの敗北—軟弱者、冷笑家、信奉者;何でもありの世界—最大の関心は人生を楽しく過ごすこと)
  • 第6部 「ファンタジーランド」はどこへ向かうのか? 1980年代から現在、そして未来へ(甦るフロイト—20世紀の悪魔崇拝;現実は陰謀である—X‐ファイル化するアメリカ;猛烈な怒り、人々の新しい声—エリート不信と陰謀論;共和党が道を踏み外したとき—なぜ狂信者を統制できなくなったのか;科学を否定するリベラル派—ワクチン恐怖症の弊害;ガン・クレイジー—銃に熱狂する人たち;デジタル・ゲーム、VR、SNS—拡張する幻想・産業複合体;大人になるのは悪いこと?—ディズニー化するアメリカ;経済の夢の時代—繰り返される「根拠なき熱狂」;トランプ政権を生んだ国—ファンタジーランドと国民は歩みをともにする?)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ