監視カメラと閉鎖する共同体 : 敵対性と排除の社会学

書誌事項

監視カメラと閉鎖する共同体 : 敵対性と排除の社会学

朝田佳尚著

慶應義塾大学出版会, 2019.2

タイトル別名

監視化とコミュニティに関する臨床社会学的研究

タイトル読み

カンシ カメラ ト ヘイサ スル キョウドウタイ : テキタイセイ ト ハイジョ ノ シャカイガク

大学図書館所蔵 件 / 165

注記

博士学位請求論文「監視化とコミュニティに関する臨床社会学的研究」(京都大学, 2012年) をもとに大幅に加筆・修正したもの

本書は科学研究費若手研究B「監視社会化の過程のモデル化を通した社会問題の定義的アプローチの再検討」(2014-2018年度)[課題番号26780278], 平成30年度科学研究費補助金研究成果公開促進費<学術図書>[課題番号18HP5181]の助成を受けたもの

参考文献: 巻末p3-10

内容説明・目次

内容説明

異物を敵視し、不安に揺れる私たち。なぜ監視カメラの急速な拡大が生じたのか。誰がその設置活動を担ったのか。日本社会の監視化の実態を鋭く捉えなおす力作。

目次

  • 第1章 監視社会研究再考
  • 第2章 監視カメラ表象の変遷
  • 第3章 地域における監視カメラ設置の論理
  • 第4章 現代の閉じた卜占
  • 第5章 地域住民が監視カメラによせる別様の意味
  • 終章 開かれた反省性と閉じた反省性

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ