ガーンディーの性とナショナリズム : 「真理の実験」としての独立運動

書誌事項

ガーンディーの性とナショナリズム : 「真理の実験」としての独立運動

間永次郎著

東京大学出版会, 2019.2

タイトル別名

Gandhi's sexuality and nationalism : the independence movement as "experiments with truth"

ガーンディーの性とナショナリズム : 真理の実験としての独立運動

タイトル読み

ガーンディー ノ セイ ト ナショナリズム : シンリ ノ ジッケン トシテノ ドクリツ ウンドウ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

ガーンディー関連年表: p359-362

参照文献: p363-377

内容説明・目次

目次

  • ガーンディーにおける性認識とナショナリズム
  • 第1部 南アフリカ滞在期(1893‐1914)(精液結集の秘術—サッティヤーグラハ闘争の誕生;『ヒンド・スワラージ』の思想形成—三人の同時代人からの交錯する影響;乳汁と蛇—南アフリカにおけるブラフマチャリヤの実験)
  • 第2部 インド帰国から暗殺まで(1915‐1948)(響応する身体とネーション—インド独立運動の盛衰;蛇の力—近代タントラ学からの影響;供犠と独立—晩年におけるブラフマチャリヤの実験)
  • 「真理の実験」としての独立運動

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ