100年かけてやる仕事 : 中世ラテン語の辞書を編む

書誌事項

100年かけてやる仕事 : 中世ラテン語の辞書を編む

小倉孝保著

プレジデント社, 2019.3

タイトル読み

100ネン カケテ ヤル シゴト : チュウセイ ラテンゴ ノ ジショ オ アム

大学図書館所蔵 件 / 105

注記

主要参考文献: p299-301

内容説明・目次

内容説明

2013年、イギリスである書物が100年以上の年月をかけて完成した。『中世ラテン語辞書』である。話し言葉としては既に死んでいる言葉の辞書をつくったところでさほどの需要も見込めず、絶対にもうけにはならない。誰がそんな活動に資金を提供したのか?「言葉集め」をしたボランティアたちにはどんな動機があったのか?使うあてもなく、完成するかもわからない書物に時間と精力を注ぎ込んだ人たちの営みから、人間の「働く意味」を追ったノンフィクション。

目次

  • 第1章 羊皮紙のインク
  • 第2章 暗号解読器の部品
  • 第3章 コスト削減圧力との戦い
  • 第4章 ラテン語の重要性
  • 第5章 時代的背景
  • 第6章 学士院の威信をかけて
  • 第7章 偉人、奇人、狂人
  • 第8章 ケルト文献プロジェクト
  • 第9章 日本社会と辞書
  • 第10章 辞書の完成

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28078628
  • ISBN
    • 9784833423151
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    301p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ