書誌事項

われわれはどんな「世界」を生きているのか : 来るべき人文学のために

山室信一 [ほか] 編

ナカニシヤ出版, 2019.3

タイトル別名

われわれはどんな世界を生きているのか : 来るべき人文学のために

タイトル読み

ワレワレ ワ ドンナ 「セカイ」 オ イキテ イル ノカ : キタルベキ ジンブンガク ノ タメ ニ

大学図書館所蔵 件 / 119

注記

その他の編者: 岡田暁生, 小関隆, 藤原辰史

文献あり

内容説明・目次

内容説明

歴史修正主義が跋扈し、人文学の危機が叫ばれるなか、あえて「世界」とは何かを問う。

目次

  • 第1部 われわれはいかなる「世界」に生きているのか(なぜ、「世界」を問題とするのか—人文学の来し方・行方を考えるために;データ・リヴァイアサンの降臨—存在論的機械学のために;グローバル市民社会—方法としての主体、可能性としての他者;「国民」という主権者の啓蒙の問題—フランス「恐怖政治」の教訓;さらば抑圧—エロースの砂漠、コンテンツなき身体)
  • 第2部 われわれの「世界」はいつ始まっていたのか(前衛失速、電子音、波動化—「今」の音楽の起点を一九七〇年代に探す;「偉大な社会」から破砕の時代へ—一九六〇年代アメリカ史試論;核時代を生きるために—E・P・トムスンと核武装解除;総力戦がイギリス社会に遺したもの—「国民貯蓄運動」の消長と現代の到来)
  • 第3部 歴史認識がなぜ問題になるのか(「ジェノサイド」の想起と忘却をめぐる覚書—コスプレ化と犠牲者性ナショナリズムと知的忘却;戦後日本の中国史研究における「近代」;韓国「歴史戦争」と大韓民国臨時政府;抹消記号を付されたユートピア—イエズス会パラグアイ布教区の廃墟から「啓蒙の未来」へ)
  • 第4部 来るべき人文学のために(モデルネ 新しいものの思考法;生き物としての実験室と有機的な網目—世界を動員するネットワークを異化するために;ボロとクズの人文学—「どん底」の総合的考察)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB28156572
  • ISBN
    • 9784779513923
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    v, 370p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ