対話をデザインする : 伝わるとはどういうことか

書誌事項

対話をデザインする : 伝わるとはどういうことか

細川英雄著

(ちくま新書, 1417)

筑摩書房, 2019.6

タイトル読み

タイワ オ デザイン スル : ツタワル トワ ドウイウ コト カ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

参考文献: p233-236

内容説明・目次

内容説明

人と話をするときに、どういう言い方をするかということばかり、気にしていませんか?対話において本当に大事なことは、対話を通して伝えたいことは何か、ということです。そして、対話を通して何を伝えるのかということは、あなた自身にしか決められません。本書では、自分の「テーマ」を発見することから始めて、話題の決め方、他者とつながり他者を理解する方法、納得と合意の形成まで、生活や仕事における対話とあなた自身の“生きる目的”の関係についてわかりやすくお話ししていきます。

目次

  • 第1章 今なぜ対話なのか(何のための対話なのか;自分を語る対話;対話のわかりやすさとは何か)
  • 第2章 対話のためのテーマとは何か(人はテーマを持って自由になる;何について対話すればいいのか;「日本人は対話が下手」か)
  • 第3章 対話をデザインする(どうしたら他者とつながれるのか—他者理解の方法;自分の言いたいことを明確に表現するには;対話による納得と合意)
  • 第4章 対話することばの市民へ(この社会でしあわせに生きるために;個人が主体として生きる意味;対話することばの市民へ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ