書誌事項

食と人の歴史大全 : 火の発見から現在の料理まで

リンダ・チヴィテッロ著 ; 栗山節子, 片柳佐智子訳

柊風舎, 2019.7

タイトル別名

Cuisine and culture : a history of food and people

タイトル読み

ショク ト ヒト ノ レキシ タイゼン : ヒ ノ ハッケン カラ ゲンザイ ノ リョウリ マデ

大学図書館所蔵 件 / 190

注記

原著第3版 (J. Wiley, c2011) の翻訳

参考文献: 巻末p9-17

料理および食に関する主な本: 巻末p33-36

内容説明・目次

内容説明

先史時代の狩猟採集、火の発見は、料理の歴史にどんな影響を与えたか。交易や戦争、民族移動は食卓に何をもたらしたのか。食と人の歴史的側面をたどり、食文化の変遷を概観する!

目次

  • 生から加熱へ—先史時代、メソポタミア、エジプト、中国、インド
  • 穀物、ブドウ、オリーヴ—古代地中海地方
  • クレイジー・ブレッド、コーヒー、宮廷のマナー—中世(五〇〇〜一四五三年)のキリスト教世界とイスラム教世界
  • 新世界の食物—ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ、チョコレート
  • 食物のグローバル化—コロンブス交換
  • 植民地から独立に至るアメリカ—聖なるタラ、黒米、メープル・ムーン、一五八八〜一八五〇年
  • ヒュッツポット、ストーブ・ポテト、オート・キュイジーヌ—十七〜十八世紀にかけてのオランダ、ロシア、フランスの料理
  • 畜牛、コカコーラ、コレラ—アメリカ合衆国およびヨーロッパ、一八五〇〜一九〇〇年
  • アフリカとアジア—現地対植民地の料理
  • たった一人の十字軍、クラシック・キュイジーヌ、そして禁酒法—一九〇〇〜一九二九年のヨーロッパとアメリカ
  • スープキッチン(無料食堂)、スパム、TVディナー—世界大恐慌、第二次世界大戦、そして冷戦
  • アグリビジネス(農業関連産業)対オーガニック(有機栽培)—一九七〇年代から第三千年紀へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ