書誌事項

紅茶の帝国 : 世界を征服したアジアの葉

マークマン・エリス, リチャード・コールトン, マシュー・メージャー著 ; 越朋彦訳

研究社, 2019.8

タイトル別名

Empire of tea : the Asian leaf that conquered the world

タイトル読み

コウチャ ノ テイコク : セカイ オ セイフク シタ アジア ノ ハ

大学図書館所蔵 件 / 197

注記

原著 (Reaktion Books, 2015) の全訳

参考文献一覧: p489-499

内容説明・目次

内容説明

17世紀にロンドンで初めて市民に提供されて以来、そのエキゾチックな風味、色、香りによってイギリス人を魅了し続けてきた紅茶。19世紀以降は「イギリス的生活様式」の中心として国民のアイデンティティ統合のシンボルとなった—「アジアの葉」から作られるこの不思議な飲み物は、過去400年間のイギリス社会・文化において、どのように消費、受容、表象されてきたのか。本書は、歴史、文学、科学、美術、社会史、商業史等の諸分野を自在に横断し、多角的かつ新鮮な視点から紅茶文化史を紐解くことで、この問いに迫る。

目次

  • イントロダクション
  • ヨーロッパと茶の初期の出会い
  • イギリスにおける茶嗜好の確立
  • 中国との茶貿易
  • 茶の価値の向上
  • 茶の自然哲学
  • イギリスの茶市場
  • イギリス式の茶
  • 密輸と課税
  • 喫茶の民主化
  • 帝国の政治における茶
  • ヴィクトリア朝イギリスの国民飲料
  • 二〇世紀の茶
  • エピローグ—グローバル・ティー

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ