書誌事項

戸籍が語る古代の家族

今津勝紀著

(歴史文化ライブラリー, 488)

吉川弘文館, 2019.10

タイトル読み

コセキ ガ カタル コダイ ノ カゾク

大学図書館所蔵 件 / 226

注記

参考文献: p212-215

内容説明・目次

内容説明

国民の身分台帳たる戸籍。古代にも戸籍に人々が登録され、租税負担の基本となっていた。どの範囲の親族が記載されたのか、人口総数や平均余命、歳の差婚が多かった理由等々、古代の人々の暮らしを明らかにする。

目次

  • 今に伝わる古代の戸籍—プロローグ
  • 古代の戸籍
  • 戸口と貧富
  • 戸籍からみた婚姻
  • 古代の恋愛と婚姻
  • 流動性の高い古代社会
  • 女性ばかりの平安時代の戸籍—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ