書誌事項

明智光秀

小泉三申著

(岩波文庫, 緑(31)-223-1)

岩波書店, 2019.10

タイトル読み

アケチ ミツヒデ

大学図書館所蔵 件 / 223

注記

底本は『小泉三申全集』第1巻 (2刷, 1984年6月, 岩波書店) 収載の「明智光秀」

小泉三申論 / 橋川文三 [著]: p159-174

解説 : 『明智光秀』、一閃の光芒 / 宗像和重 [著]: p175-197

内容説明・目次

内容説明

本能寺の変で、主君・織田信長を弑逆し、たちまちに敗死した武将明智光秀。その数奇な一生を描いて世に問うた、明治以後に書かれた初の伝記。反骨の史伝作家・三申が、蹶起せざるを得なかった悲劇の叛臣・光秀への敬慕、哀憐の情を、漢籍、日本古典を踏まえた達意の文章によって熱く語る。橋川文三「小泉三申論」を付す。

目次

  • 家系及び六年の周遊
  • 光秀と朝倉義景
  • 光秀、信長に仕ふ
  • 坂本拝領及び惟任氏
  • 新領地における恩威
  • 波多野征伐
  • 明智氏の盈満
  • 織田信長
  • 武田征伐
  • 饗応司及び死刑の宣告
  • 能条畑の叛旗
  • 本能寺の襲撃
  • 京畿の仁政
  • 山崎の役

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB2903421X
  • ISBN
    • 9784003122310
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    197p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ