書誌事項

「ひと」の現象学

鷲田清一著

(ちくま学芸文庫, [ワ5-6])

筑摩書房, 2020.1

タイトル別名

ひとの現象学

タイトル読み

ヒト ノ ゲンショウガク

大学図書館所蔵 件 / 92

注記

シリーズ番号はブックジャケットによる

2013年3月筑摩書房刊の文庫化

内容説明・目次

内容説明

わたしたちは何によって“ひと”として生まれ、どういう理由で「あのひとらしい」と言われ、どのようにしてときにその権利が擁護され、ときに糾弾され、やがて“ひと”として消えていくのだろうか—。他者=「顔」との遭遇、愛憎という確執、個としての自由から、市民性・多様性、死など。“ひと”をめぐる出来事には常に、知覚、自己意識、理性、権利と契約、道徳と倫理といった哲学の主題が伴走する。本書はそうした問いの数々をゆるやかに開かれたまま差しだし、共鳴し連鎖する思考を展開していく。待望の文庫化。

目次

  • はじめに “ひと”の現象学
  • 1 顔—存在の先触れ
  • 2 こころ—しるしの交換
  • 3 親しみ—家族という磁場
  • 4 恋—「この人」、あるいは情調の曲折
  • 5 私的なもの—所有の逆説
  • 6 “個”—自由の隘路
  • 7 シヴィル—市民が「市民」になるとき
  • 8 ワン・オブ・ゼム—「多様性」という名のアパルトヘイト
  • 9 ヒューマン—「人間的」であるということ
  • 10 死—自然と非自然、あるいは死の人称

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB29498629
  • ISBN
    • 9784480099655
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    289p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ