ソウルの起源京城の誕生 : 1910〜1945植民地統治下の都市計画

書誌事項

ソウルの起源京城の誕生 : 1910〜1945植民地統治下の都市計画

廉馥圭著 ; 橋本妹里訳

明石書店, 2020.3

タイトル別名

서울의 기원 경성의 탄생 : 1910-1945 도시계획으로 본 경성의 역사

ソウルの起源 : 京城の誕生

タイトル読み

ソウル ノ キゲン ケイジョウ ノ タンジョウ : 1910〜1945 ショクミンチ トウチカ ノ トシ ケイカク

大学図書館所蔵 件 / 103

注記

博士学位論文 (ソウル大学大学院, 2009年) を修正・補完したもの

参考文献: p331-340

内容説明・目次

目次

  • 1章 帝国の文明、都城を解体する
  • 2章 宗廟貫通線、伝統/近代/植民の交差路
  • 3章 都市計画をめぐる対立と「政治」
  • 4章 「大京城」マスタープランの形成
  • 5章 戦争がもたらした都市計画、戦争に阻まれる
  • 6章 都市のユートピア、「郊外」の誕生とその死
  • 7章 都市計画の二つの顔、貧民の救済と排除
  • 8章 「京城」から「京仁」へ

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ