書誌事項

日本の表装と修理

岩﨑奈緒子 [ほか] 編集

勉誠出版, 2020.3

タイトル読み

ニホン ノ ヒョウソウ ト シュウリ

大学図書館所蔵 件 / 126

注記

その他の編集者: 中野慎之, 森道彦, 横内裕人

参考文献あり

収録内容

  • 近代京都での装潢師 / 岡興造 [著]
  • 般舟院伝来の後水尾院御影と大阪青山本御影 / 高田智仁 [著]

内容説明・目次

内容説明

絵画や書、古文書など、紙や絹を用いた文化財は、表装によって、より美しく、より長くその存在を守られ続ける。そして、これらの歴史的遺産を修理・保存し、伝えていくことは、そこに込められた人々の思い・願いをも共有していく営みである。表装や修理は、どのような価値観や思想のもとに行われてきたものなのか。文化財の修理・保存の第一線にあり、その困難な作業の中で、技術者たちはどのような試行錯誤を重ねてきたのか。残し伝えられてきた「モノ」との真摯な対話の中から、表装と修理にまつわる文化史を描き出し、今日の我々にとっての文化財保護の意義と意味を照射する。

目次

  • 第1部 現代の装〓・文化財修理(装〓師の声を聞く—技術者から見た装〓文化財修理の進化;表具師から装〓師へ;古文書修理の歴史と理念)
  • 第2部 表装の文化史(日本中世の仏画の表装;“東山表具”の成立をめぐる小考;江月宗玩による表具の記録と制作;表装が伝えるもの—後水尾院縁の掛軸を事例として;近代日本における中国書画蒐集と表装;近代日本画の材料と表装)
  • 第3部 修理の文化史(平安時代の仏画制作とその修理;前近代における書跡・古文書修理の諸相—現状維持の理念をめぐって;護持院隆光の寺社修理—元禄期の奈良を中心に;近代日本画の材料と表装;近世ヨーロッパ美術と修復—芸術作品の受容史の視点から)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ