書誌事項

二〇世紀「英国」小説の展開

高橋和久, 丹治愛編著

松柏社, 2020.3

タイトル別名

二〇世紀「英国」小説の展開

二〇世紀「英国」小説の展開

二〇世紀英国小説の展開

20世紀「英国」小説の展開

20世紀英国小説の展開

タイトル読み

ニジュッセイキ エイコク ショウセツ ノ テンカイ

大学図書館所蔵 件 / 95

注記

文献あり

内容説明・目次

内容説明

20世紀の英国小説研究の新しい傾向を踏まえつつ、「文学を読む」意味を問い直す。

目次

  • ヘンリー・ジェイムズ『金色の盃』(一九〇四)—二〇世紀初頭の印象主義
  • ジョゼフ・コンラッド『シークレット・エージェント』(一九〇七)—スパイ、印象主義、パラドックス
  • E.M.フォースター『眺めのいい部屋』(一九〇八)—観光とメディアのモダニズム/ポストモダニズム
  • D.H.ロレンス『息子と恋人』(一九一三)—オイディプスとアンチ・オイディプス
  • フォード・マドックス・フォード『善き兵士』(一九一五)—信頼できない語り手と印象主義
  • キャサリン・マンスフィールド「幸福」(一九一八)—心理小説におけるゴシック的不安
  • ジェイムズ・ジョイス『ユリシーズ』(一九二二)—第四挿話と腎臓を食らう男
  • ヴァージニア・ウルフ『幕間』(一九四一)—戦争の気配
  • イーヴリン・ウォー『ブライズヘッドふたたび』(一九四五)—語りを動かすクィアなクローゼット
  • ジョージ・オーウェル『一九八四年』(一九四九)—歩くこと、階級、自由
  • マーガレット・ドラブル『碾臼』(一九六五)—“女性作家”による“フェミニスト小説”の解剖
  • ジョン・ファウルズ『フランス軍中尉の女』(一九六九)—外来種と小説
  • サルマン・ルシュディ『真夜中の子供たち』(一九八一)—ポストモダン/ポストコロニアルの異国性とノスタルジア
  • アラスター・グレイ『ラナーク』(一九八一)—二〇世紀的叙事詩の形
  • ドリス・レッシング『夕映えの道‐よき隣人の日記』(一九八三)—老いとケア
  • アンジェラ・カーター『夜ごとのサーカス』(一九八四)—フェアリー・テイル言説の再話
  • J・M・クッツェー『鉄の時代』(一九九〇)—リベラル・ヒューマニストの身体はアパルトヘイトの痛みを感じることができるか
  • カズオ・イシグロ『充たされざる者』(一九九五)—疑似古典主義の詩学

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BB30315103
  • ISBN
    • 9784775402696
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    515p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ