漂泊のアーレント戦場のヨナス : ふたりの二〇世紀ふたつの旅路

書誌事項

漂泊のアーレント戦場のヨナス : ふたりの二〇世紀ふたつの旅路

戸谷洋志, 百木漠著

慶應義塾大学出版会, 2020.7

タイトル別名

Arendt

Jonas

漂泊のアーレント 戦場のヨナス : ふたりの二〇世紀 ふたつの旅路

タイトル読み

ヒョウハク ノ アーレント センジョウ ノ ヨナス : フタリ ノ ニジッセイキ フタツ ノ タビジ

大学図書館所蔵 件 / 98

注記

参考文献: p347-352

内容説明・目次

内容説明

政治の意味を問い続けたハンナ・アーレントと、未来への責任を基礎づけたハンス・ヨナス。盟友として、ユダヤ人として、思想家としてナチズムに対峙し、ともに二〇世紀を駆け抜けた。二人は、時代が課した過酷な宿命に向かい合い、その破局に対して、それぞれの仕方で、答えを模索し続けた。その二人の思想は「出生」という概念において、閃光のように交錯する。アーレントとヨナスの人生と思索の軌跡を追い、二一世紀を歩むわれわれへの問いかけを探る。

目次

  • 第1章 友情と恋愛のあいだ—誕生から出会いまで 1903‐1933
  • 第2章 漂泊と戦場—ナチズムとの対峙 1933‐1945
  • 第3章 新たな始まり—それぞれの再出発 1945‐1961
  • 第4章 亀裂—アイヒマン論争 1961‐1964
  • 第5章 精神の生活、生命の哲学—方向転換の季節 1964‐1975
  • 第6章 最後の対話—テクノロジーへの問い 1975‐1993
  • 第7章 考察—アーレントとヨナスの比較 20XX

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ