日本赤十字社と皇室 : 博愛か報国か

書誌事項

日本赤十字社と皇室 : 博愛か報国か

小菅信子著

(歴史文化ライブラリー, 505)

吉川弘文館, 2021.2

タイトル読み

ニホン セキジュウジシャ ト コウシツ : ハクアイ カ ホウコク カ

大学図書館所蔵 件 / 165

注記

主要参考文献: p174-179

内容説明・目次

内容説明

日本における赤十字による救護活動は、皇室の全面的な保護のもと普及した。日露戦争から第二次世界大戦にいたる過程で、国際主義と国家主義のはざまに立ち、国民統合装置としてゆるやかに近代日本を支えた側面を描く。

目次

  • 二つの質問—プロローグ
  • アジアで最初の赤十字社
  • 昭憲皇太后と赤十字
  • 劇場としての戦争
  • 太平洋戦争期の日本赤十字社
  • 赤い十字運動の原則と実践—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ