書誌事項

Ctrl+Z忘れられる権利

メグ・レタ・ジョーンズ著 ; 加藤尚徳 [ほか] 訳

勁草書房, 2021.1

タイトル別名

Ctrl+Z : the right to be forgotten

Ctrl+Z : 忘れられる権利

タイトル読み

Ctrl+Z ワスレラレル ケンリ

大学図書館所蔵 件 / 187

注記

その他の訳者: 高崎晴夫, 藤井秀之, 村上陽亮

監訳: 石井夏生利

文献: 巻末pvii-xxii

内容説明・目次

内容説明

各国の法律、文化、技術等複数の視点・豊富な事例をとおして、この新たな人権を詳細に論ずる、待望の学術書。既存の議論がこの権利を受け入れるか否か両極端にふれていることを批判し、大げさな表現を避けて「神話」を払拭、ありうる選択肢を提供する。

目次

  • 第1章 忘れることが容易になったEU
  • 第2章 忘れることが不可能になったアメリカ
  • 第3章 プライバシーの革新
  • 第4章 デジタル情報スチュワードシップ
  • 第5章 法文化におけるCtrl+Z
  • 第6章 国際コミュニティにおけるCtrl+Z

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ