書誌事項

ゼーノの意識

ズヴェーヴォ作 ; 堤康徳訳

(岩波文庫, 赤N(37)-706-2)

岩波書店, 2021.2

タイトル別名

La coscienza di Zeno

タイトル読み

ゼーノ ノ イシキ

大学図書館所蔵 件 / 215

注記

原著 (1923) の全訳

翻訳の底本: Italo Svevo, La coscienza di Zeno, a cura di Beatrice Stasi, Roma, Edizioni di storia e letteratura, 2008

内容説明・目次

内容説明

「人生はむずかしくはないが、とても不条理だ」。事業も生活も期待通りにいかない。さりとて打開する意志もなく、ただ偶然に身をまかせるばかり。あれこれと思いめぐらし、来し方を振り返るゼーノ。その当てどない意識の流れが、不可思議にも彼の人生を鮮やかに映し出す。独白はカタストロフィの予感を漂わせて終わる。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC05535976
  • ISBN
    • 9784003770108
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ita
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    386p
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 親書誌ID
ページトップへ