著作権は文化を発展させるのか : 人権と文化コモンズ

書誌事項

著作権は文化を発展させるのか : 人権と文化コモンズ

山田奨治著

人文書院, 2021.7

タイトル別名

著作権は文化を発展させるのか : 人権と文化コモンズ

タイトル読み

チョサクケン ワ ブンカ オ ハッテン サセルノカ : ジンケン ト ブンカ コモンズ

大学図書館所蔵 件 / 218

注記

参考文献: p276-289

内容説明・目次

内容説明

複雑になるだけの著作権は本当に文化のためになっているのか?それはユーザーの権利を阻害していないだろうか?本書はこうした観点から、権利論とコモンズ論を基軸に人文社会、自然科学の知見を幅広く援用し、そもそも文化とは何かまで根底的に問い直す。ユーザーの人権という視点から、数百年に及ぶ著作権のパラダイム転換を提案する意欲作。

目次

  • 第1部 作者とユーザーの人権(著作権の人権論;障害者アートをめぐって;ユーザーの人権;作品が身体化する)
  • 第2部 「文化」とは何か(「文化」概念の変遷;日本の「文化」概念の現在地)
  • 第3部 文化のコモンズへ(文化コモンズを考える;「海賊版」からオープンアクセスへ;「文化の発展」のために)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC08818183
  • ISBN
    • 9784409241394
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    302p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ