なぜ人類は戦争で文化破壊を繰り返すのか

書誌事項

なぜ人類は戦争で文化破壊を繰り返すのか

ロバート・ベヴァン著 ; 駒木令訳

原書房, 2022.2

タイトル別名

The destruction of memory : architecture at war

タイトル読み

ナゼ ジンルイ ワ センソウ デ ブンカ ハカイ オ クリカエスノカ

大学図書館所蔵 件 / 151

内容説明・目次

内容説明

戦争や内乱は人命だけでなく、その土地の建築物や文化財も破壊していく。それは歴史的価値や美的価値を損なうだけでなく、民族や共同体自体を消し去る行為だった。からくも破壊を免れた廃墟が語るものとは。建築物の記憶を辿る。

目次

  • 第1章 はじめに 建築と記憶の敵—建築物は永久には存在しない
  • 第2章 文化浄化 誰がアルメニア人をおぼえている?—モスタルの橋、「水晶の夜」、各地に根付いたモスクやシナゴーグ
  • 第3章 テロリズム 士気阻喪、メッセージ発信、プロパガンダの手段—世界貿易センタービル、IRAの活動、第二次世界大戦下の無差別爆撃
  • 第4章 征服と革命—踏みつけにされるユダヤ人、消されゆくチベット、エルサレム問題、文化大革命、バーミヤンの仏像破壊
  • 第5章 壁と隣人 分断の破滅的帰結—ベルファスト、ベルリン、イスラエル、キプロス、民族や宗教ごとの居住地制限
  • 第6章 記憶と警告1 再建と記念—破壊された建築の再建は、誰にとっての真実であり、誰のための記憶なのか
  • 第7章 記憶と警告2 保護と訴追—文化財を保護するために何をすべきか、破壊の責任を誰に問うのか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ