山はおそろしい : 必ず生きて帰る!事故から学ぶ山岳遭難

書誌事項

山はおそろしい : 必ず生きて帰る!事故から学ぶ山岳遭難

羽根田治著

(幻冬舎新書, 655, は-20-1)

幻冬舎, 2022.5

タイトル別名

山はおそろしい : 必ず生きて帰る事故から学ぶ山岳遭難

タイトル読み

ヤマ ワ オソロシイ : カナラズ イキテ カエル ジコ カラ マナブ サンガク ソウナン

大学図書館所蔵 件 / 27

注記

参考文献: 巻末

叢書番号[は-20-1] はジャケットによるものもあり

内容説明・目次

内容説明

壮大な自然に親しむ登山やキャンプがブームになって久しい。一方で、山への畏れが忘れられていないだろうか?山には平地では遭遇しえない危険が潜んでいる。クマに襲われたり、落雷が直撃したり、救助に来たヘリが目の前で墜落したり、他人の巻き添えで山頂付近から滑落したりと、ベテランですら生死の境目に立たされるのだ。そんな時、どうすれば生きて帰れるのか?遭難取材を長年続ける著者が貴重な証言からその術を解説。数多の恐怖が待ち受けるのに「それでも登る」と皆が言う、山の魅力がわかる一冊。

目次

  • 1 自然が怖い(槍ヶ岳落雷事故;小梨平キャンプ場クマ人身被害 ほか)
  • 2 無知が怖い(厳冬の富士山にて遭難者救助)
  • 3 救助までが怖い(滝川本流四重遭難事故;刈田岳井戸沢スキー遭難 ほか)
  • 4 人間が怖い(西穂独標滑落事故;雷鳥沢キャンプ場盗難事件 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BC14818100
  • ISBN
    • 9784344986572
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    224p, 図版 [2] p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ