書誌事項

建築家の解体

松村淳著

(ちくま新書, 1660)

筑摩書房, 2022.6

タイトル読み

ケンチクカ ノ カイタイ

大学図書館所蔵 件 / 137

注記

参考文献: p313-316

内容説明・目次

内容説明

『建築の解体』の刊行から五〇年弱、後期近代の時代にあって、安藤忠雄や隈研吾に代表される従来の建築家のイメージは、見直しを迫られている。ブルデューの理論を用いて、建築家という職業がつくられていくプロセスを描写するとともに、解体していく建築家像の軌跡をたどる。フィールドワークの知見を盛り込み、「街場の建築家」という今後の可能性を最後に示す。

目次

  • 序章 建築家を書く
  • 第1章 建築家とはなにか
  • 第2章 建築家をつくる大学教育
  • 補論1 安藤忠雄伝説の秘密を解く
  • 第3章 建築家と住宅
  • 第4章 後期近代と建築家の変容
  • 補論2 隈研吾—後期近代的建築家像
  • 第5章 建築家の解体と街場の建築家

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ